スノーボードのテクニカル選手権とは(テク選とは)?

 主催する団体により、技術選・テクニカル選手権(テク選)・テクニカルマッチなど呼び方は様々ですが、内容的にはスノーボードの滑走技術をジャッジの採点により競う競技です。各スクールなどが主催するどなたでも参加可能なテクニカル選手権は『草テク』と呼ばれ、全国各地のスキー場で開催されています。テクニカル選手権の良いところは、エアやハーフパイプなどに比べ危険度が少なく、気軽に競技を始めることができることができる点にあると思います。小学生から50代以上の方が同じカテゴリーで戦うことも珍しくない、非常に幅広い年代で楽しむことができる競技です。

 種目数・種目内容は大会により異なりますが、一日で終わる大会であれば3種目であることが多いです。種目としては、ロングターン、ミドルターン、ショートターン、フリーライディンングさらには、不整地やコブ斜面を滑走するものなどがあります。一般的に行った全ての種目の総得点で順位が決定されます。

 ジャッジの採点基準(着眼点)も大会により異なりますが、一般的に高い得点となる要素としては、ズレの少ないカービングターン、左右均等なターン、スピードと深さを両立したターン、安定感のあるターンなどがあります。また、フリーライディングでは、異なるサイズのターンをつなぐときにメリハリを出すことや、減速要素の少ないトリック(180,360など)を滑走に織り交ぜることでも高得点となります。

 自分のペースで上達しながら気長に楽しめ、友達もたくさんできる競技ですので、「せっかくだから目標を持ってスノーボードやりたいな?」などと考えている方におすすめです!

クリック↓↓



 
inserted by FC2 system